薬剤師転職コンサルタント

薬剤師転職 コンサルタント

薬剤師の転職に、求人サイトの活用は当たり前となってきました。
民間の薬剤師転職サイトの特徴の1つは、コンサルタント(キャリアエージェント)のサポート力です。
ドラッグストア、調剤薬局、病院などの求人募集案件、また、職場内の環境や情報調査、そして、直接言いにくい、給料・年収・休暇などの条件交渉もあなたに代わって行ってくれます。

コンサルタント選びが転職成功の大きなポイントであることは間違いありません。

コンサルタントの選び方

薬剤師転職におけるキャリアコンサルタントの選び方を紹介します。
薬剤師転職サイトに登録することであなた専任のキャリアコンサルタントを紹介してもらうことができます。
ということで、賢い薬剤師が実践しているテクニックを紹介すると、それは、1つでも多くの求人サイトに登録することで、コンサルタントとの相性を吟味するというものです。
希望の条件を実現するためには、コンサルタントの腕もそうですが、それと同じくらいコンサルタントとの相性も大切です。
言いたいことが言える、相談にも乗ってもらう、その意味では、コンサルタント選びに力を入れたいですね。

求人・転職サイト紹介

リクナビ薬剤師

35,000件以上の薬剤師求人・転職情報:リクルートが運営する薬剤師専用求人サイト:リクナビ薬剤師
キャリアアップ、育児・家庭との両立、プライベート重視など希望条件に合った転職が実現できます。
>> https://rikunabi-yakuzaishi.jp <<
リクナビ 薬剤師


薬剤師転職ドットコム

会員限定の非公開プレミアム求人を多数保有しています。
新店舗オープンやライバル会社には極秘にしたい、表に出しにくい求人案内を是非、活用しましょう。
>> https://www.ph-10.com/ <<
薬剤師転職ドットコム 薬剤師



エムスリーキャリア(m3) 薬剤師求人

好条件で、薬剤師の求人募集サイトをお考えなら、東証一部上場エムスリーグループが運営する<<エムスリーキャリア>>が有名ですね。就職条件希望は1つだけではないでしょう。土日休みはもちろん、産後復職OK、年収1200万円以上を実現、などなど、キャリアコンサルタントが転職支援をフルサポート。簡単、最短2分登録、薬剤師専門の転職サイトの<<エムスリーキャリア>>がおすすめです。
>> https://pcareer.m3.com/ <<
エムスリーキャリア(m3) 薬剤師



ジョブデポ薬剤師

薬剤師の転職サイトをお考えなら、株式会社babys breathが運営する薬剤師転職サイト【ジョブデポ】が有名ですね。求人条件希望は、いろいろあると思います。キャリアアップはもちろん、未経験職種OK、年収700万円以上を実現、などなど、ドバイザーが転職支援をフルサポート。今なら入職決定で最大40万円のお祝い金プレゼント!簡単登録、薬剤師の転職募集専門の【ジョブデポ】がおすすめです。
>> http://j-depo.com/ <<
ジョブデポ 薬剤師



ファーマジョブ

好条件で、薬剤師の転職募集をお考えなら厚生労働大臣許可(許可番号 01-ユ-300203):株式会社メディカルジョブセンターが運営するファーマジョブが有名ですね。転職希望は様々でしょう。残業なしはもちろん、ブランク明けOK、総合病院への転職、などなど、キャリアアドバイザーが転職支援をフルサポート。登録無料・簡単登録、薬剤師の求人募集サイトのファーマジョブがおすすめです。
>> https://www.mjc-pharmajob.com <<
ファーマジョブ 薬剤師



祝い金が貰える評判の良い薬剤師転職サイトとは
薬剤師の方で、今の職場の待遇面で満足していないとか、自分がもっとやりがいをもてる職場に転職したいと考えている人も多いです。
そんな時は転職サイトを利用する人も多いですが、できれば祝い金が貰える評判の良い薬剤師転職サイトを利用した方がお得です。
薬剤師求人祝い金は、支援サービスから就職するともらえる支援金のことです。
支援サービスから祝い金がもらことはめったにないので、よく確認してから就職しましょう。
現在失業中の人などは、収入がないので祝いのお金がもらえると転職した時にとても助かります。
金額もサイトによって、違っていて10万円~50万円までと様々です。
この金額は全額すぐにもらえるわけではなく、転職後何回かにわけて支払われることになります。
これは、転職後お金だけもらって、すぐに退職することがないようにするためです。
評判の良い転職サイトを探すなら、ネットの転職サイトの比較サイトやランキングサイトを利用して、クチコミなどで評判の良いサイトを見つけてください。薬剤師転職・求人 お祝い金


医師の転職・求人:エムスリーキャリア
他業種から医師転職するハードル
他業種から医師転職するハードルとして挙げられるものには、まず医師免許の取得があります。
大学の医学部に入学して、医療に関する様々な知識の習得と、実習などを通じた技能を身に付けていく必要があります。そのための前提として、医学部入学のための受験勉強がハードルになります。受験科目は、高等学校までに学んできだ内容の集大成になりますので、学校を卒業してから相当な月日が経過していますと、その内容を掘り起こす作業も時間を要することになります。
また、現在の職を投げ打って、受験勉強や医学部での勉強などに専念することになりますと、その間の収入の確保が問題になります。仕事と併行させながらの学生生活は、心身ともに厳しさが伴います。
また、実際に、医師免許を取得して、いざ医師としての仕事をスタートさせた場合、他の医師との年齢的なギャップが存在します。必ずしも年功序列の世界ではありませんが、承知の上で職場に入ることが必要になります。
エムスリーキャリア 医師転職
エムスリーキャリア 医師



リクナビ 薬剤師@薬剤師求人・転職なら
http://www.annuaire-des-bonnes-affaires.com

最新投稿

  • 薬舗で無特典バイトの時給

    薬舗は、医師からのレシピをもとに、薬を処方してクランケに明け渡す仕事を扱っていますので、薬剤師資格を持っていな …