ファクター係員としての薬屋での担当

薬舗での主な任務は、医師が発行する製法を通じて調剤を行うことです。調剤労働は、調剤コミッションと呼ばれるレセプトの認証、ピッ王室と呼ばれる棚から薬を作る工程、ピッ王室した薬を製法と照らし合わせて間違いがないか。病人さんの成り立ちを確認して薬のシナジーはないか、全額を確認した上で薬剤師は、病人様に服用決める。そこでは病人さんの地位を確認しストーリーを通してお薬がストーリーと間違ったものをだされてないかを確認しながら聞き取っていきます。もしも間違ってることがあれば、医師に確認します。その工程を疑義照会と呼びます。製法インデックスに最適かを確認し初めてお薬を病人さんは読み取ることができます。一般的にはそこまでだと思われがちですが、薬剤師には以後病人さんから聞き取った報せを固める調剤歴を記入する労働があります。過程です調剤労働を日雇い薬剤師・働き手薬剤師区別なくこなしていきます。薬舗では制御薬剤師と呼ばれるオーナーがはじめ言い方います。働き手が行うことが大半ですが、オーナーは薬の用命。売れ残り制御を行っています。薬舗の中には、日雇い薬剤師も用命に関わることもあります。薬剤師の労働は、制御人並み関係なくそれぞれに一人一人の責任のある任務が任されています。