調剤薬局の制約栄養士の求人要綱

薬局は医師の提供した製法にもとづきお薬を病人様にお手渡しするのが主な業務だ。調剤事務は製法から調剤ギャランティと呼ばれるレセプトを作成し、薬袋薬情を作成します。一方薬剤師は薬をピッ王様し製法と突き合わせ、病人様のわけを確認し取り入れに至ります。取り入れ中には病人さまのコンディションを確認しお薬が様子とあっているかを突き合わせ、問い合わせがある場合は医師に疑義照会をします。また取り入れ中にランチタイムによる制限が必要な疾患、たとえば高コレステロール、糖尿病気、腎効能退廃病人など減食が必要な病人様にランチタイムの仕込をすることもあります。病棟では栄養士による栄養仕込が多くありますが、薬局では今は薬剤師が栄養仕込をしていることが多く、養分の多い夕食を言いつけたりすることはよくあるが、炊事やり方まで仕込できないことが多々あります。ルール栄養士の求人は取り入れの際の栄養仕込・炊事やり方が今後の事案になると考え少しずつ増えていますが、まだ導入は乏しいのが現状です。