雇用形態はパート、契約社員

「空白期間があって復帰する」というだけなら、薬剤師が転職するのに悪い印象は与えませんが、ある程度以上の歳でコンピューター関係がダメであるという状況であれば、採用の際に敬遠されてしまう可能性があります。

あるエリアでは、薬剤師が少なすぎることが重要課題になっていて、「薬剤師として就職してくれるなら」という気持ちから、勤務の待遇を相当よいものにして、薬剤師を採用しているような場所

などもあったりします。

個々に希望する待遇或いは条件を満たして勤めやすいように、パート、契約社員など雇用形態、勤務の時間などに多様な区分わけをして、薬剤師の転職をスムーズにし仕事をしやすい職場環境の整備をしているのです。

現状では、薬剤師関連のパート求人を確認している方は、希望している条件が多いこともあって、最適な職場をすぐに探せないようですし、求職に充てることができる時間も潤沢とは言えないのです。

少し前から薬局というところ以外にもドラッグストアの店舗、スーパー或いはDIYなど、各種のお店で薬の取り扱いや販売をすることが通常です。店舗数に関してもますます増え続ける流れにあるのが見られます。

転職コンサルタント選び
薬剤師転職サイト診断

コメント